• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

平国香の解説 - 小学館 大辞泉

[?~935]平安中期の武将。高望 (たかもち) の子。初名、良望。常陸大掾 (ひたちだいじょう) として関東に威を振るったが、甥 (おい) の将門 (まさかど) に殺された。