平時忠の解説 - 小学館 大辞泉

[1128~1189]平安末期の公卿。時子滋子の兄。検非違使 (けびいし) 別当・権大納言。平氏政権中の重要な地位を占めた。「平氏にあらざれば人にあらず」の言葉は有名。壇ノ浦の戦いの後捕らえられ、能登に流されて没した。平大納言。

[日本史/平安時代までの人物]カテゴリの言葉