平貞盛の解説 - 小学館 大辞泉

平安中期の武将。国香の子。父の死後、藤原秀郷 (ふじわらのひでさと) と力を合わせて、父を殺した平将門 (たいらのまさかど) を下総 (しもうさ) の猿島 (さしま) に討った。のち、鎮守府将軍。生没年未詳。

[日本史/平安時代までの人物]カテゴリの言葉