• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

平賀源内の解説 - 小学館 大辞泉

[1728~1780]江戸中期の本草学者・戯作者。讃岐 (さぬき) の人。名は国倫 (くにとも) 。字 (あざな) は子彝 (しい) 。号、鳩渓。他に福内鬼外 (ふくちきがい) ・風来山人・森羅万象などと称した。本草学蘭学物産学国学を学び、物産会を開催し、火浣布 (かかんぷ) エレキテル・寒暖計などを発明。戯作浄瑠璃にも才能を発揮した。殺人のため入獄、病死。著「風流志道軒伝」「根無草」、浄瑠璃「神霊矢口渡 (しんれいやぐちのわたし) 」など。
桜田常久の時代小説。昭和15年(1940)発表。同年、第12回芥川賞受賞。

平賀源内の解説 - SOCKETS人物データベース

作家・脚本・エッセイスト 学者・教授 芸術家
出生地
讃岐国寒川郡志度浦(現・香川県さぬき市志度)
生年月日
1728年
没年月日
1780年1月24日(享年52歳)