• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

幸堂得知の解説 - 小学館 大辞泉

[1843~1913]劇評家・小説家。江戸の生まれ。本名、鈴木利平。別号、劇神仙。銀行員を経て新聞社に入社し、劇評を発表。根岸派の文人としても知られる。小説「大通世界」。

幸堂得知の解説 - SOCKETS人物データベース

作家・脚本・エッセイスト 評論家
出生地
武蔵国江戸下谷車坂町(現・東京都台東区上野)
生年月日
1843年1月
没年月日
1913年3月22日(享年70歳)

[文学/明治以降の作家・文学者]カテゴリの言葉

[演劇・映画/演劇人・映画人]カテゴリの言葉