幸野楳嶺の解説 - 小学館 大辞泉

[1844~1895]日本画家。京都の生まれ。初号、梅嶺。円山派・四条派に学び、明治の京都画壇の中心的存在となった。