幸阿弥の解説 - 小学館 大辞泉

[1410~1478]室町後期の蒔絵師 (まきえし) 。本名、土岐四郎左衛門道長。足利義政に仕え、入道して幸阿弥と称す。下絵に土佐光信大和絵能阿弥相阿弥らの作品を用いた。→幸阿弥派