弁慶の解説 - 小学館 大辞泉

[?~1189]鎌倉初期の僧。幼名、鬼若。号、武蔵坊 (むさしぼう) 。義経記吾妻鏡平家物語などによれば、熊野の別当の子で、兄頼朝と不和になり奥州に落ちる源義経に従い、安宅 (あたか) の関での難を救い、衣川の戦いで全身に矢を受けて立ちながら息絶えたと伝えられる。能・歌舞伎・浄瑠璃などに英雄豪傑として描かれる。
富田常雄の時代小説。昭和26年(1951)から昭和30年(1955)にかけて、東京新聞に連載。単行本は、昭和27年(1952)から昭和30年(1955)にかけて全9巻を刊行。
  1. 強い者。また、強がる者。「内―」「陰―」

  1. 《弁慶が七つ道具を背負った姿、また、衣川の合戦で、体中に矢を射立てられて立ち往生した姿から》道具の名。

    1. ㋐竹筒に多くの穴をあけたもので、うちわや台所道具をさしておくもの。

    2. ㋑わらを束ね、筒状にしたものを棒の先につけて、風車や柄につけた飴 (あめ) などをさし、売り歩いたもの。

  1. 大尽客の取り巻き。幇間 (ほうかん) 。

    1. 「勘六貴様も―に連れて行く」〈浄・歌祭文

  1. 弁慶縞」の略。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代の人物]カテゴリの言葉

[生活/ファッション]カテゴリの言葉

出典:青空文庫

出典:gooニュース