• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

式亭三馬の解説 - 小学館 大辞泉

[1776~1822]江戸後期の草双紙洒落本滑稽本作者。江戸の人。本名、菊地久徳。本屋に奉公し、のち薬屋を営んだ。江戸庶民の町人気質を会話を主にして描写。滑稽本「浮世風呂」「浮世床」、合巻「雷太郎強悪物語 (いかずちたろうごうあくものがたり) 」など。

[文学/江戸時代までの作家・文学者]カテゴリの言葉