後藤又兵衛の解説 - 小学館 大辞泉

[?~1615]安土桃山・江戸初期の武将。播磨 (はりま) の人。名は基次。黒田孝高長政に仕え、豊臣秀吉の九州出兵、文禄の役慶長の役関ヶ原の戦いに功をあげたが、のち、長政に疎んぜられて黒田家を退去。諸国流浪ののち豊臣秀頼に招かれて大坂城に入り、大坂夏の陣で戦死。

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代の人物]カテゴリの言葉