応神天皇の解説 - 小学館 大辞泉

記紀で、第15代の天皇。仲哀天皇の第4皇子。名は誉田別 (ほんたわけ) 。母は神功皇后とされる。この時期に大和朝廷の勢力が内外に飛躍的に発展したとされ、「宋書」の倭の五王の一人、讃をこの天皇とする説がある。胎中天皇。

出典:青空文庫

[日本史/平安時代までの人物]カテゴリの言葉