• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

恋川春町の解説 - 小学館 大辞泉

[1744~1789]江戸中期の黄表紙作者・狂歌師。駿河小島藩士。本名、倉橋格。狂号、酒上不埒 (さけのうえのふらち) 。筆名恋川春町は、藩邸があった小石川春日町のもじり。「金々先生栄花夢」で黄表紙を誕生させ、寛政の改革の風刺作「鸚鵡返文武二道 (おうむがえしぶんぶのふたみち) 」で筆禍を招き、自殺したといわれる。