• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

恵運の解説 - 小学館 大辞泉

[798~869]平安前期の真言宗の僧。山城の人。承和9年(842)入唐し、青竜寺義真から灌頂 (かんじょう) を受け、経典・仏像などを請来 (しょうらい) 。のち、安祥寺を開き、安祥寺僧都 (そうず) と称された。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教などの人物]カテゴリの言葉