• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

愚堂東寔の解説 - 小学館 大辞泉

[1577~1661]安土桃山から江戸前期の臨済宗の僧。美濃の人。妙心寺聖沢庵の庸山景庸に師事して法を継ぎ、妙心寺に三度住し、後水尾院らの帰依を受けた。大円宝鑑国師。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教などの人物]カテゴリの言葉