慧可の解説 - 小学館 大辞泉

[487~593]中国、南北朝時代の禅僧。初祖の菩提達磨 (ぼだいだるま) に師事。禅宗の第二祖とされる。