• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

慧能の解説 - 小学館 大辞泉

[638~713]中国、唐代の僧。禅宗の第六祖。漸悟 (ぜんご) を尊ぶ神秀 (じんしゅう) の北宗 (ほくしゅう) 禅に対し、頓悟 (とんご) を尊び、南宗 (なんしゅう) 禅の開祖となった。遺録「六祖壇経 (だんきょう) 」。曹渓 (そうけい) 大師。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教などの人物]カテゴリの言葉