• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

慶滋保胤の解説 - 小学館 大辞泉

[?~1002]平安中期の文人。本姓、賀茂。字 (あざな) は茂能。法名、寂心。菅原文時に師事、漢詩文にすぐれ、源順 (みなもとのしたごう) と親交があった。著「池亭記」「日本往生極楽記」など。

[文学/江戸時代までの作家・文学者]カテゴリの言葉