• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

提婆の解説 - 小学館 大辞泉

(梵)Āryadevaの音写》3世紀のインドの仏教哲学者。中観哲学派の祖。ナーガールジュナ(竜樹)の弟子となり、空の理法を説いた。著「百論」「百字論」など。聖天。
提婆達多 (だった) 」の略。転じて、悪逆な人。また、人をののしっていう語。
    1. 「やい、業さらしめ、―め」〈浄・油地獄

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教などの人物]カテゴリの言葉