• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

支倉常長の解説 - 小学館 大辞泉

[1571~1622]江戸初期の仙台藩士。幼名、与市。通称、六右衛門。伊達政宗の命を受け、慶長18年(1613)日本を出発して渡欧、ローマで教皇パウロ5世に謁見して通商交渉に当たったが、成功せずに帰国。