• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

文観の解説 - 小学館 大辞泉

[1278~1357]鎌倉後期・南北朝時代の真言宗の僧。別名、弘真。通称、小野僧正。後醍醐天皇の帰依を受け、終始南朝興隆のために尽力。のち、失脚し甲斐に流されたが、再び中央に復帰。立川流の大成者ともいわれる。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教などの人物]カテゴリの言葉