斎宮女御の解説 - 小学館 大辞泉

[929~985]平安中期の女流歌人。三十六歌仙の一人。本名、徽子 (きし) 。斎宮を務め、のち、村上天皇の女御。家集に「斎宮女御集」がある。承香殿女御。