斎藤実盛の解説 - 小学館 大辞泉

[?~1183]平安末期の武将。越前の人。保元の乱平治の乱には源義朝に従って戦功があったが、義朝の戦死後は平宗盛維盛に仕えた。のち、北陸で源義仲と戦って戦死。その際、老年を隠すために白髪を黒く染めて出陣したという。