• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

斎藤徳元の解説 - 小学館 大辞泉

[1559~1647]江戸初期の俳人。美濃の人。名は竜幸。岐阜城主織田秀信に仕えたが、関ヶ原の戦いに敗れて若狭 (わかさ) に逃亡。のち、江戸に出て俳諧に専念した。著「俳諧初学抄」「徳元俳諧鈔」など。