• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

日下部鳴鶴の解説 - 小学館 大辞泉

[1838~1922]書家。滋賀の生まれ。名は東作。字 (あざな) は子暘 (しよう) 。六朝 (りくちょう) 書道を学び、清国に渡って書学を研究。明治書道界の第一人者で、その書風は鳴鶴流とよばれた。