日蓮の解説 - 小学館 大辞泉

[1222~1282]鎌倉時代の僧。日蓮宗の開祖。安房 (あわ) の人。12歳で清澄寺に入り天台宗などを学び、出家して蓮長と称した。比叡山などで修学ののち、建長5年(1253)「南無妙法蓮華経」の題目を唱え、法華経の信仰を説いた。辻説法で他宗を攻撃したため圧迫を受け、「立正安国論」の筆禍で伊豆の伊東に配流。許されたのちも他宗への攻撃は激しく、佐渡に流され、赦免後、身延山に隠栖。武蔵の池上で入寂。著「開目鈔」「観心本尊鈔」など。勅諡号 (ちょくしごう) は立正大師。

出典:青空文庫

出典:gooニュース