明恵の解説 - 小学館 大辞泉

[1173~1232]鎌倉初期の僧。華厳宗中興の功労者。紀伊の人。諱 (いみな) は高弁。栂尾 (とがのお) 山に高山寺を開き、華厳宗興隆の道場とした。また、宋から栄西が将来した茶の栽培でも知られる。著「摧邪輪 (ざいじゃりん) 」「華厳唯心義」など。