• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

春屋妙葩の解説 - 小学館 大辞泉

[1312~1388]南北朝時代の臨済宗の僧。甲斐の人。伯父の夢窓疎石に参禅。天竜寺南禅寺などの住持を経て、初代僧録司となった。足利義満の政治的顧問の立場にあり、相国寺建立に協力。また、五山版の刊行に努めた。著「雲門一曲」など。智覚普明国師。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教などの人物]カテゴリの言葉