景清の解説 - 小学館 大辞泉

能・浄瑠璃・歌舞伎などの景清物の主人公。源頼朝打倒を目ざして果たさなかった平景清の哀話は、浄瑠璃「出世景清」「壇浦兜軍記 (だんのうらかぶとぐんき) 」などに描かれている。
謡曲。四番目物平家物語などに取材。日向 (ひゅうが) へ流された悪七兵衛景清が娘と再会するが、屋島の戦いを回顧し、回向 (えこう) を頼んで娘を帰す。
歌舞伎十八番の一。藤本斗文作。元文4年(1739)江戸市村座で「菊重栄景清 (きくがさねさかえのかげきよ) 」として初演。

[日本史/平安時代までの人物]カテゴリの言葉

[演劇・映画/能・狂言の作品]カテゴリの言葉

出典:gooニュース