曲亭馬琴の解説 - 小学館 大辞泉

[1767~1848]江戸後期の読本作者。江戸の人。本姓は滝沢。名は興邦 (おきくに) 。別号、大栄山人・著作堂。山東京伝に師事して黄表紙「尽用而二分狂言 (つかいはたしてにぶきょうげん) 」を発表。以後、合巻 (ごうかん) ・読本と盛んに著作。史伝物に特色があり、勧善懲悪の理念と因果応報の道理を雅俗折衷の文体で描いた。代表作「椿説 (ちんせつ) 弓張月」「俊寛僧都島物語」「南総里見八犬伝」「近世説美少年録」など。

出典:青空文庫

[文学/江戸時代までの作家・文学者]カテゴリの言葉