• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

曲直瀬道三の解説 - 小学館 大辞泉

[1507~1594]室町後期・安土桃山時代の医者。京都の人。名は正盛。字 (あざな) は一渓。足利学校に学び、田代三喜に中国医学を学んで、日本医学中興の祖とされる。将軍足利義輝豊臣秀吉らの信任を受け、正親町 (おおぎまち) 天皇から翠竹院の号を与えられた。著「啓迪 (けいてき) 集」など。