曽禰好忠の解説 - 小学館 大辞泉

平安中期の歌人。丹後掾 (たんごのじょう) であったところから、曽丹後・曽丹といわれた。当時の貴族歌壇から排斥された自由清新な歌風は、後世になって評価された。家集に「曽丹集」がある。生没年未詳。