• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

最上義光の解説 - 小学館 大辞泉

[1546~1614]戦国末から江戸前期の武将。山形藩主最上家初代。出羽の山形城を拠点に上杉景勝伊達政宗らと争う。豊臣秀吉に帰順したが、関ヶ原の戦いでは東軍として出羽で景勝の兵と戦い、その功として57万石に加増された。