朝永三十郎の解説 - 小学館 大辞泉

[1871~1951]哲学者。長崎の生まれ。京大教授。日本での西洋近世哲学史研究の先駆者。著「近世における『我』の自覚史」「カントの平和論」など。

[宗教・思想/思想・哲学の人物]カテゴリの言葉