• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

木々高太郎の解説 - 小学館 大辞泉

[1897~1969]大脳生理学者・小説家。山梨の生まれ。本名、林髞 (たかし) 。ソ連に留学し、パブロフ条件反射理論を日本に紹介。一方で探偵小説作家としても注目を集め、探偵小説芸術論を展開。「推理小説」という言葉の生みの親。「人生の阿呆」は推理小説として初の直木賞受賞作。他に「網膜脈視症」「文学少女」「新月」など。

木々高太郎の解説 - SOCKETS人物データベース

日本の大脳生理学者、小説家・推理作家。1936年、『人生の阿呆』で第4回直木賞を受賞。
出生地
山梨県西山梨郡山城村下鍛冶屋(現甲府市下鍛冶屋町)
生年月日
1897年5月6日 おうし座
没年月日
1969年10月31日(享年72歳)
別表記
林髞