• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

木下幸文の解説 - 小学館 大辞泉

[1779~1821]江戸後期の歌人。備中 (びっちゅう) の人。前名、義質 (よしなお) 。号、亮々舎 (さやさやのや) ・朝三亭。香川景樹に師事し、桂園十哲の一人。随筆「亮々草紙」、歌文集「亮々遺稿」など。