• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

木下順庵の解説 - 小学館 大辞泉

[1621~1699]江戸前期の儒学者。京都の人。名は貞幹 (さだまさ) 。別号、錦里。松永尺五 (まつながせきご) に学び、加賀藩主に仕え、のち将軍綱吉の侍講となった。門下に新井白石室鳩巣 (むろきゅうそう) 雨森芳洲 (あめのもりほうしゅう) 祇園南海 (ぎおんなんかい) らがいる。詩文集「錦里文集」など。