• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

木村荘十の解説 - 小学館 大辞泉

[1897~1967]小説家。東京の生まれ。洋画家の木村荘八 (しょうはち) は異母兄に当たる。満州で新聞記者、出版社の経営を経験し、作家となる。正義感に満ちた大衆小説を執筆。「雲南守備兵」で直木賞受賞。他に「血縁」「嗤 (わら) う自画像」など。

木村荘十の解説 - SOCKETS人物データベース

東京府出身の作家。1941年、『雲南守備兵』で直木賞受賞。他の代表作に自伝小説『嗤う自画像』など。
出生地
東京府(現・東京都)
生年月日
1897年1月12日 やぎ座
没年月日
1967年5月6日(享年70歳)