• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

木村重成の解説 - 小学館 大辞泉

[?~1615]近世初期の武将。長門守 (ながとのかみ) 。豊臣秀頼に仕え、大坂冬の陣で奮戦。和議の使者として、見事な進退を見せたという。大坂夏の陣で戦死。
塚原渋柿園の歴史小説。明治40年(1907)刊。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代の人物]カテゴリの言葉