• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

末弘厳太郎の解説 - 小学館 大辞泉

[1888~1951]民法・労働法学者。山口の生まれ。東大教授。第二次大戦後、労働三法の立案に参画。中央労働委員会の初代会長。著「労働法研究」「物権法」「日本労働組合運動史」など。

末弘厳太郎の解説 - SOCKETS人物データベース

作詞家
出生地
山口県
生年月日
1888年11月30日 いて座
没年月日
1951年9月11日(享年62歳)

[社会/法律の人物]カテゴリの言葉