• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

本居大平の解説 - 小学館 大辞泉

[1756~1833]江戸後期の国学者。伊勢の人。号、藤垣内 (ふじのかきつ) 。宣長に入門し、のち、その養子となる。紀州侯に仕え、宣長の学問を継承し、普及に努めた。著「古学要」「神楽歌新釈」「玉鉾百首解」など。

[文学/江戸時代までの作家・文学者]カテゴリの言葉

[日本史/江戸時代の人物]カテゴリの言葉