• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

朱世傑の解説 - 小学館 大辞泉

中国元代初期の数学者。字 (あざな) は漢卿。号は松庭。正負の数の四則や平面図形の求積、算木を用いて行う天元術(代数)などを明らかにし、江戸時代の和算に大きな影響を与えた。著「算学啓蒙」「四元玉鑑」。生没年未詳。