• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

杉山丹後掾の解説 - 小学館 大辞泉

江戸前期の古浄瑠璃の太夫。江戸浄瑠璃の祖。京都の人といわれる。通称、七郎左衛門。滝野検校 (けんぎょう) に学び、江戸に出て操り芝居を興行。承応元年(1652)受領して「天下一」の称を冠せられた。生没年未詳。