• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

杉村春子の解説 - 小学館 大辞泉

[1906~1997]女優。広島の生まれ。本名、石山春子。築地小劇場に入団ののち、文学座結成に参加。日本を代表する新劇女優として「女の一生」「欲望という名の電車」「華岡青洲 (はなおかせいしゅう) の妻」などに出演。「東京物語」「麦秋」など、映画にも出演した。昭和23年(1948)芸術院賞受賞、昭和49年(1974)文化功労者

杉村春子の解説 - SOCKETS人物データベース

日本の演劇史に大きな影響を与えた女優。1937年に劇団文学座の旗揚げに参加、『女の一生』(45年)などの舞台で活躍。映画やTVドラマでも幅広い活動を展開し、出演作は『麦秋』(51年)、『東京物語』(53年)、『午後の遺言状』(95年)ほか。日本芸術院賞受賞など数々の受賞歴を持つ。
出生地
広島県広島市
生年月日
1906年1月6日 やぎ座
没年月日
1997年4月4日(享年91歳)
血液型
O型
別表記
中野春子 石山 春子

[日本史/明治時代以降の人物]カテゴリの言葉

[演劇・映画/演劇人・映画人]カテゴリの言葉