• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

杉浦乗意の解説 - 小学館 大辞泉

[1701~1761]江戸中期の装剣金工家。信濃の人。通称、仙右衛門。江戸に出て奈良派の門に入る。肉合 (ししあ) い彫りを創始し、主に小柄 (こづか) を制作した。奈良三作の一人。

[美術・音楽/日本・東洋の美術作家]カテゴリの言葉