李世民の解説 - 小学館 大辞泉

[598~649]中国、の第2代皇帝。在位626~649。廟号 (びょうごう) は太宗。高祖李淵の次男。末、李淵の建国を助け、626年、李淵が帝位につくと玄武門の変によって兄弟を殺し、父の譲位を受けて即位。官制を整え、均田制租庸調制・府兵制科挙制などを確立し、房玄齢杜如晦 (とじょかい) らの名臣を用いて「貞観 (じょうがん) の治」とよばれる治世をもたらした。また、東突厥をはじめ四囲の諸民族を制圧したが、高句麗遠征には失敗。

[世界史/世界史の人物]カテゴリの言葉