• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

李思訓の解説 - 小学館 大辞泉

[653~718]中国、唐の画家。字 (あざな) は建見。王族の出身。子の李昭道とともに青緑山水・金碧 (きんぺき) 山水にすぐれ、大李将軍・小李将軍と並称され、北宗画の祖とされる。