李成桂の解説 - 小学館 大辞泉

[1335~1408]李氏朝鮮初代の王。在位1392~1398。廟号 (びょうごう) は太祖。高麗 (こうらい) の武将だったが、のち実権を掌握。1392年にみずから王位に就き、1393年には国号を朝鮮とした。