• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

李煜の解説 - 小学館 大辞泉

[937~978]中国、五代の南唐の最後の王。後主と称される。在位961~975。字 (あざな) は重光。号、鍾隠 (しょういん) 。に下って幽閉され、毒殺された。五代の代表的詞人で、初めの作品は艶麗、晩年は憂愁にみちた凄絶な詞風で新境地を開いた。