• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

東常縁の解説 - 小学館 大辞泉

[1401~1484ころ]室町中期の歌人。美濃国郡上 (ぐじょう) の領主。東野州 (やしゅう) と称した。法名、素伝。尭孝・正徹に歌を学ぶ。古今集の奥義をきわめ、弟子の宗祇に伝えたのが古今伝授の初めとされる。著「東野州聞書」「東野州家集」など。

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代の人物]カテゴリの言葉