東郷平八郎の解説 - 小学館 大辞泉

[1848~1934]軍人。海軍大将・元帥。鹿児島の生まれ。日露戦争では連合艦隊司令長官となり、日本海海戦バルチック艦隊を全滅させた。のち、軍令部長・東宮御学問所総裁を歴任。

東郷平八郎の解説 - SOCKETS人物データベース

その他
出生地
薩摩国鹿児島郡加治屋町(現・鹿児島県鹿児島市加治屋町)
生年月日
1848年1月27日 みずがめ座
没年月日
1934年5月30日(享年86歳)